CO2吸収 エンジニアリング会社B社 技術部

CO2の大気放出を削減するための、
肝いりのプロジェクトで暗雲が…

難題だった低温での放出率の向上!固体吸収材に使われたポリマー材とは?

環境・水処理

環境負荷の低減を目的に、国内でも火力発電所を中心にCO2削減に向けた新たな取り組みが加速している。B社でも技術部を中心としたプロジェクトが立ち上がり、目標とする期限までに、排出されたガスからCO2を分離回収するための検討を実施していた。

課題

CO2の吸収率にはめどがついたが、放出率の向上が壁となり…

排出ガスからCO2を分離回収する技術としては、アミン系からなる化学吸収材やアルコール、またはグリコール系からなる物理吸収材を使用されていることが一般的には知られています。そこでプロジェクト内でも、自社ノウハウが生かせる方法を検討することにしました。その結果、シリカのような多孔質材料やアミンと多孔質材料を組み合わせた固体吸収材を使用する案が挙がり、早速、試作品を作って、CO2吸収・放出実験を繰り返すことにしたのです。

このときの様子をプロジェクトメンバーの一人、技術部のS氏はこう語ります。
「はじめのうちは、国内外の研究機関が発表している公開情報をベースに改良を進めていました。そのうち、私たちが実験した複合系ではCO2吸収率はある程度高いものの、放出率を上げるために高温にすることが必要だと判明しました。課題となる放出率をコストを抑えて高めるためには、組み合わせるアミン類の構造を、いかに放出しやすいものに改良するかということに絞られました」

S氏たちは連日、様々なアミンと多孔質材料の組み合わせ・放出条件等を変更して検討を行いました。ところが、低温では放出率はなかなか向上せず、満足いく結果が得られません。
期限が迫る中、この状況にS氏たちプロジェクトメンバーはただ焦るばかりでした。

課題のポイント

  • 多孔質材料単体、もしくはアミンと多孔質材料を組み合わせた固体吸収材で排気ガスのCO2の分離回収を検証するも、吸収したCO2の放出率が低温では上がらず、分離回収のエネルギーコストが高くなる

12