樹脂への親水性付与 樹脂・プラスチック製造L社 開発部

熱可塑性樹脂の成型部品表面に親水性を付与したいが…

樹脂成型部品表面への親水性付与を実現!独自製法によるモノマーを重合した水溶性ポリマー:ポリビニルピロリドン(PVP)の実力とは?

生活関連材

解決

解決のポイント

  • 日本触媒のPVP(ポリビニルピロリドン)なら、非イオン性で熱可塑性樹脂の性能を阻害しにくく、様々な樹脂との相溶性に優れ、高い親水性を樹脂に付与できる

  • 高い耐熱性があり、着色しにくく、熱可塑性樹脂と溶融混錬しても安定である

独自製法によって作られたモノマーを重合したPVPを溶融混練して成型部品表面の親水化付与に成功!

親水性を付与できる技術について情報収集を進めていたK氏は、日本触媒のPVPの情報を聞き付けます。このPVPは、独自の製法による高純度のN-ビニル-2-ピロリドン(NVP)を重合することで、不純物が少なく、経時安定性に優れた他社にはない、水溶性ポリマーとのことです。

このPVPに興味を持ったK氏は、早速、日本触媒に問い合わせてみました。PVPには次のような特長があることがわかりました。
「このポリマーは、非イオン性でありながら親水性が高く、熱可塑性樹脂と溶融混錬しても樹脂の性能を阻害しにくく、様々な樹脂との相溶性に優れるとのことです。また、日本触媒の製品は、高い耐熱性により着色しにくく、熱可塑性樹脂の混錬温度でも安定で分解による発泡も起こりにくいとのことです」(K氏)

K氏は、日本触媒のPVPを熱可塑性樹脂に溶融混練して成形すれば、抱えていた課題が解決できるのではと考えました。すぐに日本触媒からPVPのサンプルを提供してもらい、試作に取り掛かりました。
試作の結果は上々で、樹脂とうまく溶融混練することができ、成型後、部品表面の親水性が向上することが確認できました。

現在は、得意先に評価してもらうための最終の試作を行っています。

後日談。日本触媒の担当者から、日本触媒では独自のN-ビニル-2-ピロリドン(NVP)を様々なモノマーと共重合することで、現在の製品ラインナップには無い、新たな機能を付与する設計も可能との情報を教えてもらいました。L社では、親水性付与以外の高機能化も可能性があると考え、使用する樹脂の特性や付与したい機能にあわせてカスタマイズしてもらった共重合体の適用も検討しています。

課題解決ソリューション

1 2